2008年11月17日

真央の演技

昨日見ましたので感想だけ。

まず衣装が失敗でしょう。リンクに沈んでしまっている。色もなんか中途半端なのでもっと明るい衣装がこの曲には合うんじゃないかと思います。真央には黒一色は似合いません。また、昨日は演技後も暗かったせいか、真央の表情が怖く見えました。メイクのせいもあるでしょうけどあんな怖い表情はもういやです(笑)

エリックボンバールの雰囲気にも合っていません。

演技のほうは、
ジャンプがなー。3連続ジャンプを前半に持ってきました。その代わり最後に手の動きを取り入れましたが若干回転不足に見えたので気をつけないといけません。体が開きすぎでした。

サルコウは明らかに苦手なのが見え見えでした。次はやめたほうがいいです。やはりルッツを入れたほうが良かった。なんでもともと得意なループを外していたのかも理解できません。

トゥーループの後でシークエンスで2Aをつけましたが、本来はあそこが2本目の3Aになるのでしょう。

ジャンプの構成も理解できません。3連続ジャンプはこれまで通り後半で良かったのでは。そのほうが安定して高い点数がもらえます。3Aを2回跳ばないときは構成を変えるべきだったのではないでしょうか。

ただ演技面は圧巻でした。ヨナが得意としているキャメルスピンも取り入れ、ピンからキリまで動かすあのプログラムをよく滑りきりました。あれはかなり大変なプログラムです。完璧に滑ったら140点は軽く超えるでしょう。ただ無理も結構しています。欲張りすぎている部分もあります。もう一度演技を見直し、自分が今一番やりやすう構成で臨むことが大切です。
この演技をみて、真央の世界選手権連覇を確信しました。前半は今回のような状態が続くかもしれません。でもこれを乗り切ればきっと栄光が見えてくるでしょう。
posted by Yuki☆ at 07:49| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。